RTK基準局

概要

RTK(Realtime Kinematic)基準局を設置しました。

RTK基準局の観測データを用いれば、リアルタイムでのセンチメートルオーダ測位が期待できます。 この基準局の観測データを利用するためには、搬送波位相を出力できる受信機と、インターネット接続が必要です。

このRTK基準局の観測データは、どなたでも、事前連絡なしに、無料でご利用いただけます。安定運用を目指していますが、ソフトウェアアップデート、機器故障、停電などのために、利用できないことのあることをご了承ください。この観測データは公共測量にはお使いいただけません。

RTK基準局

RTKは、基準局から約10 km範囲の場所で利用可能と言われています。広島市立大学のRTK基準局は、下記の通り、広島中心部の大部分で利用可能と考えられます。

circle of 10 km from the reference station

© OpenStreetMap contributors

サイレントシステムの善意の基準局掲示板には、広島市立大学以外の基準局も掲載されています。

接続情報

接続情報は次の通りです。

アドレスとポートntrip.phys.info.hiroshima-cu.ac.jp:80
配信サービスNTRIP Caster (ver 1)
ユーザ名なし(空欄)
パスワードなし(空欄)
プロトコルRTCM 3.2

次のマウントポイントを公開しています。RTK基準局としては、マウントポイントOEM7またはF9Pをご利用ください。RTKを体験されたいかたは、マウントポイントROVF9Pをお使いください。

マウントポイントOEM7F9PROV
プロトコルRTCM 3.2RTCM 3.2RTCM 3.2
周波数帯L1, L2, L5L1, L2L1
アンテナ座標北緯 34.4401061 度
東経 132.4147804 度
楕円体高 233.362 m
同左北緯 34.44010 度
東経 132.41478 度
楕円体高 232.4 m
衛星システムGPS, GAL, GLO, QZS, BDS, SBAS同左GPS, GAL, GLO, QZS, SBAS
機器RTKLIB 2.4.3b34
NovAtel OEM729
Javad GrAnt-G5T
RTKLIB 2.4.3b34
u-blox ZED-F9P
Javad GrANT-G5T
RTKLIB 2.4.3b34
u-blox NEO-M8T (Emlid Reach)
Beitian BT-200
コメント基準局基準局移動局

マウントポイントF9Pに対応するu-blox生データをマウントポイントF9PRにて放送しています。アンテナ座標は、2021年3月13日から17日に国土地理院電子基準点「広島2A」を用いて決定しました(2021-03-27更新)。設置場所は、広島市立大学 情報処理センタ屋上(広島市安佐南区大塚東3-4-1)です。

u-blox社ソフトウェアu-centerでの直接接続は、接続と切断を繰り返して結局、接続できないことが知られています。RTKを利用されている方は、すでに専用の設定がされていて、上述の設定変更のみでは利用できないかもしれません。チュートリアルを用意しましたので、フリーウェアRTKLIBで試してください。

また、配信RTCMメッセージとメッセージ間隔秒数は次の通りです。

Type内容OEM7F9PROV
1005Station coordinates XYZ for antenna reference point and antenna height.1010
1019GPS Ephemeris101010
1020GLONASS Ephemeris101010
1033Receiver and antenna descriptor1010
1042BDS Ephemeris1010
1044QZSS Ephemeris101010
1045Galileo Ephemeris F101010
1046Galileo Ephemeris I101010
1077GPS MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)110.2
1087GLONASS MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)110.2
1097Galileo MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)110.2
1107SBAS MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)110.2
1117QZSS MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)110.2
1127BeiDou MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)11

観測データアーカイブ

過去の観測データアーカイブを下記アドレスにて公開しています。

https://phys.info.hiroshima-cu.ac.jp/gnss/f9p/
https://phys.info.hiroshima-cu.ac.jp/gnss/oem729/

詳しくは「RTK基準局観測データアーカイブの試験公開 」をご覧ください。

GNSSとは。なぜRTK。

現在では測位衛星として、アメリカのGPS(Global Positioning System)のみならず、ロシアのGLONASS、ヨーロッパ連合のGalileo、中国のBeidou(北斗)、また日本の準天頂衛星システム(QZSS: Quazi-Zenith Satellite System)も利用できます。これらの測位衛星を総称してGNSS(Global Navigation Satellite System)と呼びます。これらの衛星信号は、誰でも、無料で利用できます。より多くの衛星が利用できれば、その測位結果の妥当性や利用可能性が高まります。まもなくインドのNAVIC(Navigation for Indian Constellation)もGNSSとして利用可能になる見込みです。

RTK は、緯度経度の既知な「基準局」でのGNSS電波観測結果を利用して、移動局にて数センチメートル精度での測位を目指す方法です。基準局でのGNSS信号観測結果をインターネットや移動無線通信などにより移動局に伝送します。一方、移動局でも同様にGNSS信号の観測を行い、移動局で、またはその他の場所で、その観測結果を補正することにより、移動局での測位結果の不確定性を小さくすることができます。