RTK基準局の作成方法

広島市立大学のRTK基準局の作成過程を公開します。この内容は広島版IoT縛りの勉強会! IoTLT広島Vol.9で講演した内容です。

機材としてEmlid REACHを使用しました。アンテナと本体とのセットの2セットと送料を合わせて約590USD(日本円で約6万円)でした。

手順は次の通りです。

  1. 防水ボックスに穴を開けて基台を取り付けました。 RTK reference statoin 1
  2. その中にアンテナ、機材、PoE受電器を納めました。 RTK reference statoin 2
  3. アースプレート上にアンテナを固定しました。 RTK reference statoin 3
  4. BSアンテナ用取り付け金具にRTK機器を固定しました。 RTK reference statoin 4
  5. RTK機器と機材ボックスをイーサネットで接続しました。イーサネットケーブルはPF管で接続しました。 RTK reference statoin 5
  6. そして、機材ボックスにはPoEインジェクタ、ハブ、ソフトウェア無線、LPWA無線、環境センサなどを納めました。 RTK reference statoin 6
作成日: 26th August 2018