リフローでやらかしました

categories: make
tags: pocketsdr

Pocket SDRハードウェアを追加製作したい

スーパーでスペシャルな超高性能GPS受信機「Pocket SDRハードウェア」を製作できたことが嬉しくて、さらに3台、製作しようと思いました。希望が湧いてきます。

製作に失敗した基板からICなどの部品を取り外し、別の基板につけるなどの作業が自由にできるようになり、細かい作業に自信がでてきたところでした。

failure in relow soldering

鉛フリーはんだの利用

そして、この半導体不足の中、PCとの通信IC(Infineon CY7C68013A)や衛星信号受信IC(Analog Devices MAX2771ETI)をなんとか入手して、抵抗やキャパシタなどの部品も追加発注しました。細かい部品が多いので、基板3枚の部品を載せるために、約5時間を費やしました。

部品を載せる位置が多少ずれていても、基板に高温をかけてはんだ付け(リフロー)する際に自動で正しい位置に修正されると言われています(オートアライメント)。しかし、修正なしの1発動作を目指し、ピンセットで0.1ミリメートル単位での修正を行いました。

今回、クリームはんだとして、環境に優しい鉛フリーのものを用いました。よせばいいのに、いつもとちがうことをしたのです。楽しくなってきたため、試し作業をせずに、いきなり3枚ともリフローしてしまいました。

failure in relow soldering

あ、使用するクリームハンダを変えたのに温度プロファイル(時間とともに逐次的に変化させる温度の設定)を見直すのを忘れていました。まあいいか。あれ、周囲温度が低いせいか、標準的な最高温度の摂氏250度に達しません。鉛フリーはんだは融点が低いので、失敗の予感がしました。

failure in relow soldering

リフロー大失敗

悪い予感はしていましたが、ご覧の通り、はんだが溶けずに、輝いていません。大失敗です。

failure in relow soldering

このMAX2771ETIの右下にあるはずのキャパシタC42は、どこかに脱走しました。

failure in relow soldering

この写真上部の抵抗R9やキャパシタC21は、お辞儀しています(これくらいは余裕で修正できますけどね)。

failure in relow soldering

悲しい気持ちでいっぱいですが、これから頑張って修正します。フラックス(はんだづけ促進剤)をはんだの上に塗って、再びリフロー作業をしてみようと思います。もちろん、今度は1枚ずつ作業します。

Linux上でのPocket SDRハードウェア利用

普段、私はPocket SDRハードウェアをLinux PCに接続しています。/etc/udev/rules.d/に、例えば00-pocketsdr.rulesなどのファイル名で以下の内容を保存すれば、rootでなくてもハードウェアにアクセスできるようになり、便利です。

# FX2
SUBSYSTEM=="usb",\
    ATTR{idVendor}=="04b4", ATTR{idProduct}=="1004",\
    GROUP="plugdev", MODE="0660"

Pocket SDR v.0.8からは、ハードウェアドライバとしてCyUSBを利用するようになりました。現在、LinuxドライバをCyUSBに対応することにチャレンジしています。


関連記事