パラメトリック・スピーカの実験

categories: experiment
tags: audio

スピーカにより放射される音は広がりながら伝わります。アンテナから放射される電波にも同じことが言えます。この広がりが小さければ、特定の方向のみに強く伝わり、その他の方向には伝わりにくくなります。パラメトリック・スピーカは、超音波を使って、特定方向のみに強く音を伝えるスピーカです。

指向性とは、波の伝搬とは、などを聴覚で理解できるようにすることを目的に、パラメトリック・スピーカの実験を行いました。ここでは、すでに製品になっているパラメトリック・スピーカを利用しました。このパラメトリック・スピーカは、100個の超音波振動子からなり、この超音波で変調された低周波が聞き取られるようになっています。

parametric speaker

機器をセットアップして、音波を放射しました。一方、自らは廊下の端まで移動しながら、この音がどこまで届くのかを確かめました。

experiment of parametric speaker

廊下の端まで離れていても、このパラメトリック・スピーカから出る音を、はっきりと聞き取ることができました。スピーカ正面から少し外れると、そこから出る音が聞きとりにくくなりました。

次に、スピーカ正面を通路の反対側に向け、ガラスにより反射した音波がどこまで届くのかを確かめました。

reflection wave reception with parametric speaker

ガラスからの反射音声も、この廊下の端まで届きました。一方、パラメトリック・スピーカの音波を照射したガラスの反対側では、この音はかなり小さくなっていました。