vagrantで構築したVirtual Box上のGNU Radioとgr-isdbtでのワンセグ放送受信

categories: experiment
tags: gnuradio

仮想マシン自動構成ソフトウェアvagrantは、テキストファイルにより仮想マシンの自動設定を行うツールで、Linuxなどのイメージファイルの取得やセットアップを自動的に行うものです。また、GNU Radioはソフトウェア無線を実現するフリーウェアですが、gr-isdbtなどのモジュールを導入するためにはpybomsを使ったソースプログラムからのコンパイルが必要です。また、GNU Radioはパフォーマンスの点から仮想マシンでの利用は推奨されていませんが、一方で、GNU Radioは他の多くのソフトウェアに依存しているために仮想マシンを利用したいです。そこで、vagrantを使って仮想マシン上のLinux (debian) でGNU Radioを使ったワンセグ放送の受信を試みました。

gr-isdbt on Virtual Box

vagantを導入したMacのターミナルからvagrant upと打ち込むと、debianの取得からGNU Radioのコンパイル、gr-isdbtの導入までをほぼ自動的に行えます。RTL-SDR.com社製のDVB-T受信用のドングルをPCに接続し、少々の追加セットアップを手作業で行うことにより、ワンセグ放送を受信できました。

Vagrantfileは次の通りです。