VMware Playerで実行したDebian上のGNSS-SDRによるGPS測位(失敗)

categories: gnss
tags: sdr

手順

  1. Windows 10 Professionalの動作するLatte Panda AlphaにVMware Playerをインストールする。
  2. VMware Player上のゲストOSとしてDebianをインストールする。
  3. DebianにGNSS-SDRのパッケージをインストールする。
  4. Latte Panda AlphaにbladeRFを接続する。
  5. bladeRFのRX(Reception: 受信)端子に、Bias-T(例えばMini-Circuits ZFBT-4R2G-FT+)を通してGNSSアンテナに接続する。Bias-Tに3.3 Vの電源を接続する。
  6. VMware Playerにて、bladeRF USBデバイスをDebianゲストOSに接続する。
  7. Debianでgnss-sdrを実行する。設定ファイルは、GNSS-SDRに添付されているbladeRF用のもの。

ほとんどのGNSSアンテナは、低雑音増幅器(LNA: low noise amplifier)を備えていて、アンテナ端子に3.3V程度の直流を重畳しないと動作しません。

結果

信号は受信できているようですが、bladerf_sync_rx errorで強制終了しました。処理遅延かもしれないと思い、CPUコア数を2や4に変えてみても同様でした。

gnss-sdr on VMware Player