RF Explorerを使った雑音発生源探し

屋上RTK基準局に併設した「移動局もどき」の受信感度が悪かったので、もしかしてと思い雑音発生源を探してみました。使用した機材はRF Explorerです。

RF Explorer

手のひらサイズで電池駆動の便利なスペクトラムアナライザです。金属筐体のスイッチングハブがほとんど雑音を輻射しない一方、USB電源は結構、雑音を輻射することがわかりました。配置を修正したら、使用衛星数が格段に増えました。

作成日: 2nd July 2018