導電性ウェアhitoeの体験

近年では、腕時計型の光学心拍計が普及しています。異なる2波長の光反射から、動脈血中酸素飽和度(SPO2)も求められています。ここでは、より詳細な情報を含む心電図を計測します。

心筋の導電率は骨や脂肪の導電率と比較して大きいため、心臓の活動により体表面に電位差が現れます。したがって、体表上に電極をつけることで心臓の動きがわかるといえます。しかしながら、体表上の電位差を電極により安定して収集するためには、導電性のクリームを塗布しなければならず、長時間の測定に適しません。NTTドコモと東レが開発したスポーツウェアhitoe(ひとえ)は、その内部電極に特徴があり、電極部分を水に濡らすだけで心電図を計測できます。ウェアに8,000円程度、その信号を伝送するための送信機(hitoeトランスミッタ)に10,000円程度かかりますが、SDK (Software Development Kit) を使ってAndroidまたはiOSでのソフトウェア開発ができるメリットがあります(hitoe SDKは、2019年4月26日に公開停止になりました)。

hitoe装着

hitoeトランスミッタには、心電図計測の電極と、内部に加速度センサがついています。有名なランニングアプリ「runtastic」でhitoeを利用できるようですが、ここでは2019年2月頃にダウンロードしたAndroid用SDK Ver.1.3.0を用いました。 このSDKは、hitoeトランスミッタとスマートフォンとのBluetooth接続を行い、またhitoeトランスミッタで計測した心電図と加速度センサ値から、心拍数、測定心電図のノイズ除去、スペクトル解析、動作推定などのデータ処理を行います。マニュアルによると、このSDKの対象はAndroid 4.4〜6.0またはiOS 8.1〜9.0とのことでしたが、最新のスマートフォンPixel 3aでも利用できました。

ここでは添付されているサンプルアプリを利用しました。Android Studioを使ってもアプリをビルドできますが、ここではコンパイル済みのAPKファイルをスマートフォンに転送しました。アプリの名称はSampleです。アプリの権限として、ストレージと位置情報の両方が必要です。hitoeライブラリはArmバイナリーなので、Android Studio上のエミュレータは事実上、利用できません。自ら開発したアプリのデバッグは実機上で行わなくてはなりません。

hitoeへの権限付与

起動して、画面下の「計測開始」をオンにすると「センサー選択画面」になります。対象のhitoeトランスミッタを選択して、PIN番号を入力します。PIN番号はhitoeトランスミッタ裏面に記載されています。

hitoe起動

このサンプルアプリの画面上には、 LF/HF(ストレス度合い)、hitoe接続状態、心拍数、心電図、体の向きなどが表示されます。この表示と同時に、40ミリ秒ごとに心電図振幅などが記録されています。このサンプリアプリは、使用中にスマートフォン内部スレージへの大量のデータ書き込みがありますので、そのままでの長時間利用には適しません。

自分の運動時心電図を眺めるのは楽しいものです。つい無駄に歩き回ってしまいます。

hitoe SDKサンプルアプリ画面

このSDKは2019年4月26日に公開停止となり、現在では入手できません。大変残念ではありますが、いままでお疲れ様でした。

hitoe SDK公開終了

作成日: 30th August 2019