RTK基準局

概要

RTK(Realtime Kinematic)基準局を設置しました。

RTK基準局の観測データを用いれば、リアルタイムでのセンチメートルオーダ測位が期待できます。 この基準局の観測データを利用するためには、搬送波位相を出力できる受信機と、インターネット接続が必要です。

このRTK基準局の観測データは、どなたでも、事前連絡なしに、無料でご利用いただけます。安定運用を目指していますが、ソフトウェアアップデート、機器故障、停電などのために、利用できないことのあることをご了承ください。この観測データは公共測量にはお使いいただけません。

RTK基準局

RTKは、基準局から約10 km範囲の場所で利用可能と言われています。広島市立大学のRTK基準局は、下記の通り、広島中心部の大部分で利用可能と考えられます。

circle of 10 km from the reference station

© OpenStreetMap contributors

サイレントシステムの善意の基準局掲示板には、広島市立大学以外の基準局も掲載されています。

接続情報

接続情報は次の通りです。

|アドレスとポート|ntrip.phys.info.hiroshima-cu.ac.jp:80 | |配信サービス|NTRIP Caster (version 1) | |ユーザ名|なし(空欄)| |パスワード|なし(空欄)| |プロトコル | RTCM 3.2 |

次のマウントポイントを公開しています。RTK基準局としては、マウントポイントF9Pをご利用ください。RTKを体験されたいかたは、マウントポイントROVF9Pをお使いください。

マウントポイントF9PROV
プロトコルRTCM 3.2RTCM 3.2
周波数帯L1およびL2L1
アンテナ座標北緯 34.44010565 度
東経 132.41478259 度
楕円体高 233.057 m
北緯 34.44010 度
東経 132.41478 度
楕円体高 232.4 m
衛星システムGPS, GAL, GLO, QZS, BDS, SBASGPS, GAL, GLO, QZS, SBAS
機器u-blox ZED-F9P
Javad GrANT-G5T
u-blox NEO-M8T (Emlid Reach)
Tallysman TW-4721
コメントRTK基準局RTK体験用移動局

マウントポイントF9Pに対応するu-blox生データをマウントポイントF9PRにて放送しています。アンテナ座標等は、2019年6月19日にMADOCA-PPPにより決定しました。設置場所は、広島市立大学 情報処理センタ屋上(広島市安佐南区大塚東3-4-1)です。

u-blox社ソフトウェアu-centerでの直接接続は、接続と切断を繰り返して結局、接続できないことが知られています。RTKを利用されている方は、すでに専用の設定がされていて、上述の設定変更のみでは利用できないかもしれません。チュートリアルを用意しましたので、フリーウェアRTKLIBで試してください。

また、配信RTCMメッセージと頻度(メッセージ間隔の秒数)は次の通りです。

Type内容F9PROV
1005Station coordinates XYZ for antenna reference point and antenna height.10
1019GPS Ephemeris1010
1020GLONASS Ephemeris1010
1042BDS Ephemeris10
1044QZSS Ephemeris1010
1045Galileo Ephemeris F1010
1046Galileo Ephemeris I1010
1077GPS MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)10.2
1087GLONASS MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)10.2
1097Galileo MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)10.2
1107SBAS MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)10.2
1117QZSS MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)10.2
1127BeiDou MSM7 (Full pseudo-ranges, carrier phases, Doppler and signal strength, high resolution)1

GNSSとは。なぜRTK。

現在では測位衛星として、アメリカのGPS(Global Positioning System)のみならず、ロシアのGLONASS、ヨーロッパ連合のGalileo、中国のBeidou(北斗)、また日本の準天頂衛星システム(QZSS: Quazi-Zenith Satellite System)も利用できます。これらの測位衛星を総称してGNSS(Global Navigation Satellite System)と呼びます。これらの衛星信号は、誰でも、無料で利用できます。より多くの衛星が利用できれば、その測位結果の妥当性や利用可能性が高まります。まもなくインドのNAVIC(Navigation for Indian Constellation)もGNSSとして利用可能になる見込みです。

RTK は、緯度経度の既知な「基準局」でのGNSS電波観測結果を利用して、移動局にて数センチメートル精度での測位を目指す方法です。基準局でのGNSS信号観測結果をインターネットや移動無線通信などにより移動局に伝送します。一方、移動局でも同様にGNSS信号の観測を行い、移動局で、またはその他の場所で、その観測結果を補正することにより、移動局での測位結果の不確定性を小さくすることができます。