電子情報通信学会 コミュニケーションクオリティ研究会での招待講演

コミュニケーションクオリティ研究会(略称CQ研)では、無線通信や有線通信、インターネットなどのあらゆる通信における品質評価や品質向上の方法を議論しています。広島市立大学サテライトキャンパスで5月30日に開催されたコミュニケーションクオリティ研究会での招待講演をいただき、「電波を用いた位置計測の特性」の表題で40分間の講演を行いました。

CQ研での招待講演

内容は、ドップラレーダによる屋内2次元位置推定、船舶自動識別装置(AIS: Automatic Identification System)情報の処理、市販GNSS(Global Navigation Satellite System)測位販受信モジュールの測位精度比較です。この写真は、広島市立大学の前田先生からいただきました。

作成日: 30th May 2019